水深50cmでもまともに歩いて進めない

洪水のイメージ 未分類

プールなどの水深は1mや1.5mなど、胸を超える高さでも楽しく遊べます。

しかし、洪水時では全く状況が違うと覚えておきましょう。

命の危険となる水深はわずか50cm。大人ならヒザ~モモぐらいの高さです。

なぜ浅くても危険か

洪水のイメージ

洪水時は水が泥や砂により非常ににごり、下の状況が見えない状態になります。つまり、浅い場所、深い場所の見分けがつきません。

次に障害物です。

プールは底まで何もない平らな状態ですが、洪水の水にはさまざまなゴミ、日常道具、足にからまるヒモやビニール、さらには自転車やブロック塀さえも流されています。

長靴ならまだしも、スニーカーやましてやハイヒールでは、沈んだものに足を取られまともにすすめません。

 

また、洪水は常に流れています。

流れに逆らって進むことは遅くなることはもちろん、体力も激しく消耗します。足の弱ったご老人などは何度も休まなければならないでしょう。

休んでいる間にますます洪水がひどくなる場合もあり得ます。

とにかく水が来る前に避難を

重要なのは水が来てから非難するのではなく、天気予報で警告が出た時点で、なるべく早く非難を始めることです。

ただの雨なら濡れる程度で、風邪をひいても命を失うことはありません。

しかし、洪水の中を歩くことは、文字通り命を賭けることになります。

ぜひ天気予報に注意し、早めの非難を心がけましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました